断熱コンシェルジェに聞くマルフジフォームの仕事内容会社案内工務店・ビルダーの方へ
会社案内
断熱気密
ブログ

ビルダー工務店様の声

(株)コスミック・ガーデン 代表取締役 藤井好雄様

お客様の声

何処が違うか?お客様は分かりません。だからデザインや間取りで選んでしまうんですよ。 10年、20年、30年...住み続けることを前提に考えれば今、どんな選択をすべきか気付かせてあげなきゃ。建築のプロとして。

株式会社コスミック・ガーデン 代表取締役 藤井好雄様

 

お付き合いのきっかけを教えてください。

 

もともと私が独立する前に勤務していた頃にお付き合いはあったのですが独立後すぐには取引はなくて実は別の施工会社に依頼をしていたんです。あらゆる断熱材の中で「現場発泡ウレタン断熱」自体は性能が良い事がかなり以前からわかっていましたから。

でも最初に依頼した別の施工会社では私がイメージしている施工精度ではないし「単純に吹き付けるだけ」で今後に対して何の改善アイデアもなく聞いてもほとんど返答がないという状況だったのです。
そんな時に親しい協力会社さんを通じてマルフジフォームの藤井社長(名前が同じなのでわかりづらいのですが)と久しぶりに再会したというわけです。

 

マルフジフォーム工業藤井社長に会ってどのような印象を持ちました?

 

"これほど断熱や気密の事について熱心に語れる人はいないだろうな"という事です。断熱に限らず、気密、換気、そして冷暖房に至るまで「室内の空気環境」に関係することは詳しくよく勉強されているし、どんな質問にも答えてくれますしね。私もよく言われますが「技術についてここまで考えるか」という事をやっぱりやっていますよね。施主のためにどうしてあげればいいかという事を常に考えてわかっている会社だと思いました。この人たちとやれば目指している性能を実現できるのではないかと考えましたね。

 

そうして取引が始まったという事ですが以来10年以上、マルフジフォーム工業へを継続して依頼されている理由をお聞かせ下さい。

 

①高い品質性能の断熱工事を提供してくれる。

⇒水蒸気を通さない40倍現場発泡ウレタンの断熱材を使いその断熱材が性能を発揮できるように品質性能を管理してくれることです。いくらよい断熱材を使っても施工途中で気密性が低くなるようなことをしては実際に性能はでません。その点マルフジフォーム工業さんのスタッフは工事の途中で起こる問題や改善点を指摘してくれ当社の現場監督と一緒になって性能維持を考えてくれます。

②温熱環境について高い専門知識と経験がある。

⇒住まいの快適さを考える時には断熱だけでは語れません。例えば「どうやって気密をとるのか」「遮熱の問題をどうクリアするか」「計画換気をどうするか」といった事が関連してきます。そのあたりを総合して提案できてなおかつ現場の知識がある施工会社は全国でも類を見ないのではないでしょうか。気密測定だけをとってもこれまで約300件以上は実施されていますので「どこが問題なのか」「どこを改善すればよいのか」という事をノウハウとして持たれています。また熱計算などの算出や性能保証などの申請に関してもアドバイスやサポートをしてくれるのも助かっています。

③完成・構造見学会などのサポートをしてくれる。

⇒「構造見学会はわかりにくい人が集まらないからしたくない」と他の住宅会社さんからよく伺います。当社では「完成したあとでは見えない部分こそが一番大事」と考えて構造見学会を重視しています。マルフジフォーム工業さんに協力頂きウレタン施工した現場をみてもらい専門的な視点から説明頂いたりサーモグラフィで家の中の温度差の確認や気密測定の一部を行い、「どのような仕組みで快適、健康な性能になるのか」を実際に体感頂いているのです。お客様は最初は全く関心がない方でも実際に体感するとよくご理解されますしいろんな質問が出て来ます。

④パートナーとして相談ができる

⇒マルフジフォーム工業の藤井社長は私に平気で「コスミック・ガーデンともあろうものが気密が1を切った位で満足してはだめだ。もっと高い性能を目指すべき!」と言います。建築会社と下請けという関係ではこうはならないと思います。マルフジフォーム工業さんは時には厳しいことも進言してくれ経営者の私としてとても助かっています。だから温熱環境に関していつも意見を求めますし懸命に応えてくれようとするんですね。ある時、新しい断熱材について質問したらすぐに青森まで一緒に行ってくれて手伝ってくれましたよ。

 

でも断熱材としてこれまでのものと比べると費用も高くなり予算が少ないお施主様に対しては難しくありませんか。

 

高気密高断熱は全ての家のあたりまえの性能だと考えておりお客様に説明していますから問題はありません。「岡山は温暖な地域だから中気密中断熱ぐらいでいい」ということを言われる住宅会社さんもあるようですがそれは全くの誤解です。では1年間で冷暖房を使う期間はどれくらいあるのか、最低でも7~8ヶ月はあるのです。その期間を省エネで快適に過ごすのか、もしくはガンガンに冷暖房を使っても効率が悪く不快に過ごすのか、その差は大きいと思うのですね。

しかも一生ですよ。「我慢すればいい」という声もありますが若いときはいいですが年齢を重ねるとつらいものがあります。断熱材ひとつの金額の差は確かに大きいかも知れませんが建築予算全体で考えると微々たるもんです。それで住んでからずっと快適か、不快かそれをお客様にわかって欲しいんです。設備仕様は建てた後でも変えれますが断熱材は建てた後に変えるのは大変ですしコストも多く掛かります。建てる前にほんのちょっと考えて選択するだけでその後の暮らしが全て変わるんです。これまで弊社で建てられたお施主様は約120組ありますがお陰様でクレームと呼べるものは1件もないぐらい喜んで頂いています。その事実が物語っていると思います。

 

これから家づくりをされる人にはピンと来ないから説明しづらいという住宅会社さんもありますが。

 

住宅会社さんが説明できるレベルに早くならないといけないということは一番ですがそれ以外ではやはり「体験してもらう」事だと思います。当社でも夏と冬にOB施主様の家で体験ツアーを開催していますが参加された皆さんが口を揃えて「こんなの初めて」「今の環境が信じられない」という感想をおっしゃって頂けます。ほとんどの方が「高気密高断熱」という言葉は知っていても体験したこともなく周りにもそんな家ないんですよ。だから「わからない」のはあたりまえです。理屈だけでは納得されません。実際の建物をみて頂きできればそこに住まれているお施主様に話して頂くとよいと思います。

 

コスミック・ガーデン様はあらゆる断熱材の中でなぜ、現場発泡ウレタンを選んでいるのですか。

 

断熱材の内部および壁内で結露を発生させない状態を確実に作れる性能がありかつ価格が適正だからです。

断熱において大切なのは「断熱材の性能を確実に発揮できるように施工すること」と「断熱材の内部及び壁内で結露を発生させない壁体を構成すること」です。

まず施工についてですが断熱材と構造体との隙間または断熱材と断熱材の継ぎ目の隙間が生じるとその部位に空気の流れが生じて断熱材の性能が著しく低下します。グラスウールやロックウールでも内部側にビニールなどのベーバーバリア(水蒸気の透過を防ぐもの)を切れ目なく施工してその上に石膏ボードなどの仕上げ材下地を施工しなければなりません。でも実際に温暖な地域ではベーバーバリアの施工に精通した工務店はほとんどないのが現状です。その点で現場発泡は直接、吹き付けるので最も確実です。

また「結露を発生させない壁体」ですがグラスウールやロックウールなどの繊維系断熱材の場合、繊維内に水蒸気が浸入しやすくその結果、断熱材内部に結露が生じ断熱性能の低下、構造体の腐食を誘発する可能性があります。その点、樹脂系断熱材である発砲ウレタンは断熱材の内部に水蒸気が浸入しにくい※注という特性を持っています。

 

これからの家の性能への取り組みについてどうあるべきだとお考えですか。

 

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」にみられるようにもう中途半端な性能の家は作ってはいけないということだと思うんですよ。業界では偽装問題が大きく取り上げられましたが「欠陥まではいかないけど施主の立場からみたら偽装に近い」という事はたくさん起きていると思います。

だからデザインや間取り、インテリアを工夫することももちろん大事だけど肝心な家自体の性能をあげる事にもっと関心を持ち、技術を磨いていかないといけないと考えます。そういう意味でもし「温熱環境について自社にまだノウハウがない」という場合はマルフジフォーム工業さんとお付き合いして最初はもらうばっかりかも知れませんが、数年で早く自社の中に知識を貯めていく必要があると思います。本当にいい家を作って行きたいという事であればとことんまで付き合ってくれると思いますよ。

 

※ウレタン断熱材の中には水蒸気を吸排出する製品もあります。その場合は外側に通気層を設け湿気を外部に放出することで結露防止を図っています。

 

(株)コスミック・ガーデン http://www.cosmic-g.jp
(取材、記事制作)WISHパートナーズ 赤木浩二


マルフジフォーム工業に、

無料断熱相談する

断熱知識の豊富な

工務店紹介します

無料測定受付中です!

自分の家の
断熱性能を知る

熱損失係数?

我が家のQ値はエコ基準?


マルフジフォーム工業
(C)2012 marufujiform Inc, Allright researved.